命名についての行事について

子どもの命名を行う行事として、古くから「お七夜」がよく知られています。お七夜とは、生後7日目に行う行事のことで、親類縁者などを呼んでお祝いをするという行事のことです。尾頭付きのタイや赤飯などを用意したり、子どもの名前を記した命名書を神棚や床の間に飾るというのが通例です。かつては盛大に行われていたようですが、最近ではごく近い身内だけで集まって、こじんまりと行うというケースも増えているようです。また、出産後のママの体調に配慮して、後日あらためて行うというケースもあります。

kjeinbjfjjrfi.com